【パドリングが上手くなる

query_builder 2023/11/03
画像532
画像533
画像532
画像533
【パドリングが上手くなる
方法】

武道や武術では
古来より丹田を大切にしており
西洋による研究の身体の中心が
丹田の位置ほぼ同じになります。

そのため現代のスポーツでも
大変応用の効くものとなります。

本日は具体的に
サーフィンをやられているクライアント
さんがいらしたので
スポーツ特性に合わせて
体感して頂きました。


■ 自然相手のスポーツで重要なこと

海や波という自然を
相手にするスポーツでは

いかに体や使う道具と
自然のものとの間に
“境目”を作らないかが
重要になります。

これはやられている方ならば
言っていることが
わかるかと思いますが

よく水泳選手が調子良いときに
「水と一体した感覚」
「水の抵抗を感じなかった」
などと表現することが
それになります。

つまり
自然と身体の間に
境目があるとそこで
力の作用•反作用が起こる
ため自分の体をコントロールすることも
水•波を身体を合わせることを
難しくなります。


■ 境目は作るものは不自然

その境目を明確にうまれてしまうのが
フィジカルの部分で言うと
筋肉の緊張です。

それは筋肉の中の
エネルギー(力伝達)が
その緊張で滞りなるから

常に動いている自然の
水と塊の間に境目が出来ます。

筋肉の緊張は
水や波に対して必要なものでは
ないので
その緊張は不自然なものと
なります。


■ 境目を失くす

境目を失くすには
その筋肉の緊張を取り
自然に逆らわず身体を使えること
です。

体をコントロールして
自然に合わせるには
その緊張は邪魔になります。

しかし、全て抜けて
腑抜けの状態だと
コントロールが出来なくなり流される
だけとなります。

そのためのアンカーが必要です。

それが身体の中心の丹田となります。

動画は
その丹田を作り、筋肉の緊張を失くす
ことで外力に対するコントロールが
出来るようになるため

見た目的には安定します。

それがボードや波との
一体化に繋がり
パドリングに活きてきます。

ではご参考まで!


ーーーーーーーーーーーーー

▶︎ 不動前•目黒の新パーソナルスタジオ✨
[ADP PERSONAL STUDIO]

完全予約制、完全個室1対1、完全裸足の
パーソナルトレーニング指導

『筋肉を鍛えるではなく動作を鍛える』

日常動作からスポーツ動作まで
効率良い楽な身体の使い方トレーニング‼️

ーーーーーーーーーーーーー
▶︎ 《初回限定!体験トレーニング》

初めてトレーニングを
受けてくださる方限定の

50%オフ!🎊
60分5,500円☀️

で体験トレーニングが受けられます!
ーーーーーーーーーーーーー

▶︎ 《ご予約方法》
プロフィールのリンクから
「パーソナルトレーニングを受ける!」
をタップ👍

〈アクセス〉
目黒線、不動前駅から徒歩5分
JR目黒駅から徒歩13分

目黒雅叙園からは徒歩6分👍

東京都品川区西五反田3-15-5
旧石井歯科 2F

ーーーーーーーーーーーーー